相手の手を再構成する

Card Playersの記事から。

あるハンドでタフな決断を迫られた時は、相手の手を最初にさかのぼって再構成すべきである。

例:5-10NL。

自分、ポタンでQsJs。相手ミドルから30にレイズ、自分コール
フロップKcJc7h。相手45ベット、自分コール。これはポジションありの状況で、ターンでどう来るかを見るため。
ターン3d。両者チェック。
リバー5s。相手突然200のベット。さあ、どうする?

プリフロ:相手のミドルからのレイズからは大した情報は得られず。ただ、アーリーからのレイズではないので、強い手だと決めつけることもない。また、レイトからではないのでスティールではなさそう。中程度の強さだと思っておくのがよかろう。

フロップ:スタンダードサイズのコンティニュエーションベット。ここからも特に大事な情報はえられない。打ち返すこともできたが、ボードにいろんなドローがありそうだったので、コールしてターンで相手のプレイを見て決めることにした。

ターン:重要な情報はここで得られた。相手のチェックは相手がそれほど強い手は持っていないことを示す。Broadway Card2枚(KJ)とクラブ2枚で、もし相手が何かの手を持っていたら、プロテクトにかかってくるはずだ。相手のチェックは
・相手はドロー(Q-10, 10-9, 9-8, or A-Q,あるいはクラブドロー)
・相手は弱めの手(A-J, A-7, J-10、Kと弱いキッカー、あるいはQ-Jの持ち合い)
に手を絞り込める。

リバー:同じようなプロセスを経て、自分が勝てる場合のほうが、負ける場合よりも多いとみてコール。結局相手はAcTsのインサイドドローのミスからのブラフ。だが、結果より大事なのは、コールするまでの思考のプロセス。仮に相手がKcTsを持っていたとしても、この決断は正しかったといえる。

このように、リバーで難しい決断に直面した時は、最初に戻って、手の絞り込みで相手の手を再構成すべきだ。

例2:同じプロセスで、堅実なプレイヤーに対してブラフを売り込んだ。

5-10NL、自分、ボタンで8c7d。堅実で保守的なプレイヤーがミドルからリンプ。自分、50にレイズ。強みを見せてここでピックアップするか、だめでもフロップ後に勝つつもりだった。(書いてないけど相手コールしたのだろう)

フロップ:KsTs4d。相手チェック、自分70をContinuation Bet。相手コール。この時点で自分は終わりだと思った。ボードからはいろんな手がありうるが、自分には手もドローもない。

ターン4c。両者チェック。自分はギブアップ状態。自分はプリフロで強みを見せて、フロップでベットをしたが、相手はコールした。それなりの強い手をもっているはずだ。

リバーQs。相手50ベット。トリッキーな相手ならトラップもあったが、ストレートで保守的な相手なので、これは相手にブラフさせないためのブロックベットだろうと思った。Qsはいろんなドローを完成するカードだ。自分はフロップでベットしてターンでチェックした。これによって、フリーカードをもらうというドロー手をリプレゼントできている。また、プリフロレイズは、そのドロー手のいくつかにはまる。そこで225レイズ。相手長考ののちフォールドして、KQを負かせる手だったのか?と聞いてきた。(つまり、相手はKQ)

2つのポットはリバーのプレイをみていただけでは勝てなかったはずだ。

注意すべきは、これは相手が論理的に考えられてこそ通用するプレイということ。0.25-0.5では、このプレイはトラブルのもと。相手は2ペアを持っているというだけでコールしてくる。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-03-28 16:09 | Poker Tactics

I'm all in...NOT!
by sabrefishingcat

スナドリネコの水辺

こんにちは。スナドリネコです。

ここは、私がポーカーという「水辺」で「魚」を捕まえる腕を磨くための記録の場です。

お気に入りブログ

最新のトラックバック

全員ショートスタック!超..
from 冷凍ブラフ ポーカーで延々勝..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧