Phil Ivey vs. David Williams (その6)

ようやく続き。

*****

我々の最後の作業は、もし我々がオールインまでプッシュして、Iveyがコールしたら、どれぐらいの頻度で勝つのか導き出すことだ。我々には彼が25%の確率でコールすることがわかっており、その場合、43%はハイペアをもっており、57%は2枚のハイカードをもっている。したがって:

・ハイペア:25%×43%で約11%

・2枚のハイカード:25%×57%で約14%

ハイペアに対しては約20%の勝率で、ハイカードに対しては約54%の勝率。すなわち、

・もしIveyがコールしたなら、2.2%プラス7.5%で約10%の勝率。

・残りの15%は我々の負け。

あと、もう少し。これが最後の計算。

・75%の割合でIveyは降りて、我々は$124,000を獲得する。我々の取り分は、
0.75×124,000=$93,000

・10%の割合でIveyはコールして、我々が勝つ。我々の取り分は、
0.1×574,000=$57,400

・15%の割合でIveyはコールして、我々は負ける。我々の取り分は、
0.15×-$508,000=$-76,200

我々の取り分の合計は、$74,200

$74,200=93.000+57,400-74,200

我々が思ったとおり、オールインは、かなりのプラスの期待値をもっていることがわかった。

コールした場合について評価するのはもう少し難しい。フロップ後の可能性の順列が相当数存在するので、ここは一般的な常識に基づいた観察に頼らなくてはならない。もしわれわれがコールしたら、ポットには$182,000が入る。我々には5のペアがあり、ポジションはない。8回に1回の割合で、フロップに3枚目の5がでて、ほぼ確実に勝てるが、その場合のどれぐらいのポットが取れるのかわからない。もし、Iveyにフロップが当たらなかったら、これ以上の金は得られないかもしれない。またそれ以外には、8回中7回はフロップは外れ、ポジションなしでスモールペアを持ったままになる。1枚、2枚、あるいは3枚のオーバーカードがボードに出るであろう。Iveyは自分の手が当たったかどうかわかるのだが、我々にはそれがわからない。そして、アクションは我々が先だ。

このシナリオで、ポットの取り分が40%を超えるであろうと考えるに足りる理由はあるか?ない。せいぜい五分五分だろうが、長期的にはこうしたプレイでこれ以上の結果は望めない。したがって、プッシュがコールよりもはるかに有利だ。

より穏やかなレイズをするというのが正しいプレイたりうるか?ほぼ間違いなく、コールよりはいいだろう、というのも多くの手でIveyはそれで降りるからだ。だが、そこでポットが取れなかった場合、前に述べたのと同じ状況に立たされることになる―スモールペアでポジションなし、しかも、いい手に直面。ここでも、私はプッシュするほうを、スモールペアをポジションなしでフロップ後にプレイするよりも好む。

最後にもう一つ考慮すべき点について述べておく必要があるだろう。Iveyは現在ショートスタックにあり、諸君のスタックの25%ほどを持っている。諸君には、最も危険なプレイヤーを比較的安いコストではじき出すチャンスがあるのだ。チャンスに賭けたまえ。

オールインに5点、$200,000レイズに2点、コールに1点。フォールドには得点なし。

Williamsは実際にはコールし、MoranはKd3sをフォールド。ポットは$182,000。

*****

確かVol.1でこういう期待値的な分析をやっていたけど、その時に、彼は、この分析を実際にテーブルでやるのは無理だというようなことをいっていたような気がする(記憶曖昧)。にもかかわらず、こういう分析をわざわざやるのは、こうした「宿題」をこなすことで、実際にテーブルでプレイする際に、ある程度の見当がつくということなのだろうな。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-06-09 12:03 | Poker Hands

I'm all in...NOT!
by sabrefishingcat

スナドリネコの水辺

こんにちは。スナドリネコです。

ここは、私がポーカーという「水辺」で「魚」を捕まえる腕を磨くための記録の場です。

お気に入りブログ

最新のトラックバック

全員ショートスタック!超..
from 冷凍ブラフ ポーカーで延々勝..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧