<   2007年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧




実際のプレイに適応する。

Harrigntonの続き。

・いままで述べてきた戦略は、フル・テーブル(9?)で、プレイヤー全員がそれなりに保守的で、全員がそれなりのチップスタックを持っていることを想定している。しかし、実際のプレイでは、タイトなプレイヤーも、ルースなプレイヤーも、クレイジーなプレイヤーもいる。また、ラージスタックも、スモールスタックもいる。こうした状況に合わせて戦略も変化させなくてはならない。

・テーブルの人数が減るに従って、ハンド選択の基準もルースにしなくてはならない。

・ルースにプレイヤーが増えれば、テーブルもルースになるし、タイトが増えるとタイトになる。それらに対しては、テーブルの傾向と逆にプレイせよ。タイトにテーブルではルースにプレイすればスティールができる。ルースなテーブルでは、コールやレイズされやすいので、それに耐えられるように、手の基準を上げなくてはならない。

・だが、「ルースなテーブル」に関しては、もっと複雑なケースがある。例えば、自分の左にGus HansenとDaniel Negreanuがいて、Phil Iveyが右にいたら、タイトにプレイするしかない。微妙な手でプレイしたら、相手に打ち回しで負けてしまう。だが、同じルースなテーブルでも自分たちをGus、Daniel、Philだと思い込んでいる、Larry、Curley、Moe(「三馬鹿大将」のキャラ)たちがいることもあるのだ。その時は、タイトにプレイしてはならない。なぜなら、トーナメントの最初の数時間で、彼らのチップは強いプレイヤーたちの手に渡るだろうからだ。そのチップを彼らが持っているうちにとるか、あとで強いプレイヤーからとるか、選択はおのずと明らかだろう。

*****

最後のポイントは確かにそうだけど、俺のレベルでは見極めが難しいよな~。相手を三馬鹿大将だと思っていたら、実は自分がそうだったなんてこと、しょっちゅうだし。ルースアグレッシブは、技術がいる。だから、相手が自分より上か下かの見極めがものすごく大事だし、難しい。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-04 18:43 | Poker Tactics

プリフロプレイ(その5)

ケース5、自分がボタンで前に3人リンパーがいる


・オンラインでしょっちゅう起きる状況。


1)AAからTTまで

・大きく上げよ。4bbから5bb。

・これはしばしばスティールとの印象を与え、SB、BBからのリレイズを受けることもある。


2)99から22

・コール。

・セットを当てて大きなポットをとることを狙う。

・もしあたらなければ、ダメージ最小で降りられる。


3)AK、AQ

・AK(Suited or Unsuited)ならレイズ。

・AQ Suitedならレイズ、AQ Unsuitedならコール。


4)Ax

・AJかAT(Suited or Unsuited)なら、コール。

・それ以下はSuitedならコールだが、Unsuitedならフォールド。リンパーの誰か一人が、よりよいキッカーをもっている可能性が高すぎる。


5)Suited Connectors

・Suited Connectorsはこういう状況でプレイするのに適している。

・54 Suitedまでコール。

・リンパーがショートスタックでないことを確認せよ。ショートスタックでは、フロップが当たっても十分なImplied Oddsが得られない。


6)Unsuited Connectors

・54 Unsuitedまでコール。

・安くでフロップストや、ストドロを狙える。


7)その他

・KJ Suited or Unsuitedならコール。だがKTはプレイしない。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-04 17:12 | Poker Tactics

プリフロプレイ(その4)

ケース4、3番が3bbレイズ、5番が9bbまでリレイズ、自分はボタン

・最初のレイザーが強い手を主張、そのあとが、さらに強い手を主張、それに参加するのに必要なのは、モンスターハンド。

・最初のプレイヤーはブラフかもしれないが、次のプレイヤーはブラフではない。

・SB、BBもまだプレイしていない。何が飛び出すかわからない。


1)AA、KK

・AAならリレイズ。これは、AAを持った時の理想的な展開。

・KKでもリレイズできる。時に、どちらかがAAを持っていることもあるが、QQとAKなどということもよくある。だから、長期的に見たら、リレイズしたほうが、利益がプラスになるだろう。


2)QQ

・QQなら、コールしてみる価値はある。もしもフロップで助けがなかったり、オールインが発生したら、難しい決断を迫られることになる。しかし、時には奇妙な状況が発生したりもする。

・過去にQQが3人のオールインとプレイして、あとの3人全員がAKで勝ったなどというハンドさえありうる。


3)その他の手

・フォールド。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-04 06:10 | Poker Tactics

プリフロプレイ(その3)

Harringtonの続き。

ケース3、3番ポジションにコーラー、自分は5番


・コーラーはレイザーほどには脅威ではないので、ハンドの要求レベルはそれほど高くない。

・いくつかの例外を除いては、ポットをオープンするときと同じように打てる。


1)AA,KK,QQ

・3からr5bbほどをレイズ。

・オープンするときとは違ってリンプしてはならない。2人のリンパーは更なるリンプを呼んで、小さなポットに多数の参加者という、最悪の状況を生む。

・例外は、自分の後ろでレイズがあることをほぼ確信しているとき。その時はリンプせよ。


2)JJ、TT

・プレミアムハンドのようにレイズして絞れ。5人参加のポットでJJの勝率は30%にまでさがることを心にとめておけ。


3)99

・レイズとコールを半々


4)88から22まで

・Umbrella効果の恩恵を受ける。(コーラーが参加することでPot Oddsがよくなる。)

・88、77、66はコールせよ。

・もし、5番ではなくてボタンならどのペアでもコール。

・狙いはセットを当てること。


5)AK、AQ

・AKならSuitedでもUnsuitedでもレイズ。

・AQはSuitedならレイズ、Unsuitedならコール。


6)AJ、AT

・AJならSuitedでもUnsuitedでもコール。

・ATならSuitedでコール、Unsuitedならフォールド。


7)A9からA2

・フォールド。

・やや保守的にも見えるが、最初のコーラーはしばしばAXでより上のキッカーを持っていて、結果として大きな額を失う。


8)KQ、KJ

・KQ Suitedはコール、Unsuitedはフォールド。

・もし、コーラーがルースで弱いと思った時は、KJ Suitedもプレイする。


9)Suited Connectors

・フォールド。十分な参加者がいない。

・Suited Connectorsは、後のほうのポジションで、前に何人かのリンパーがいるときにプレイするのが理想。たいていはフロップでフォールドするがフロップが当たると大きなポットがとれる。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-04 02:53 | Poker Tactics

プリフロプレイ(その2)

ケース2.3番のプレイヤーが3bbレイズして自分が5番の時


・ギャップコンセプトとサンドイッチ効果(説明は省略)ゆえに、レイズの入ったポットに参加するには、ポットをオープンするよりも高いハンドが求められる。

・もし、レイザーがスーパーアグレッシブで、どんな手でも上げてくるとわかっていたら、ポットをオープンするときと同じ基準で判断できる。だが、タイトなプレイヤーに対してはよりいい手が必要。


1)ペア

・AA、KKなら、時折コール(15%)だが、ほとんどはリレイズ(85%)。リレイズ額は相手のレイズの2倍から3倍。

・QQなら、70%リレイズで、30%コール。

・JJ、TTなら、20%リレイズで、80%コール。

・99、88、77、コール

・66以下、フォールド。


2)AX

・AK(Suited or Unsuited)、コール。

・AQ Suited、コール、Unsuited、フォールド。

・それ以下、フォールド。

・もしレイザーがプリフロアグレで、フロップ後は弱いのなら、AKからATまでリレイズしてIsolateせよ。


3)KQ、KJ、QJ

・これらは罠にはまりやすい手。フォールド。


4)Suited Connectors

・フォールド
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-03 04:23 | Poker Tactics

プリフロプレイ(その1)

Harringtonの読みなおし、継続中。

ケース1.誰もポットに入ってきていない場合。

1)AA、KK、QQ

・どのポジションからでも上げよ。

・Onlineのように、相手が自分をマークしていない場合は、常にあげよ。

・相手が自分をマークしている場合には、読まれないように8割レイズ、2割コール。

・上げ幅は3bbから4bb。
     35%は3bb
     35%は4bb
     15%h2bb
     15%は5bb

・レイトポジションからは3bb以上は上げるな、スティールに見えるようにせよ。


2)JJ、TT、99

・アーリーポジションからは70%レイズ、30%コール。レイズ幅は大きめに。そこでポットをとれればよしとせよ。おそらく、今の時点ではベストハンドだが、コールされてフロップにオーバーカードが出てきたら、プレイしにくくなる。だいたい4bbから5bb

・ミドルポジションではそれをプレミアムハンドと同じようにみなして、アグレッシブに攻めよ。3bbから5bb程度のレイズ。リンプは絶対にするな。フロップにFace Cardsが出たら、その時点で弱い手となるのだから、Face Cards持ちにリンプさせるな。

・レイトポジションでは、75%レイズ、25%コール。上げ幅は3bbから5bb。


3)88、77、66

・アーリーポジションからはリンプ。ただし、手をマークされないために、20%ほどはレイズ。

・ミドルポジション。3番ならリンプ。4なら88でレイズ、それ以下はリンプ

・レイトポジション。75%レイズ、25%リンプ。


4)55、44、33、22

・スモールペアが危険な理由。(1)オーバーペアに対して弱い。(2)Counterfeitedされる―ボードに2ペアできた時、ペアが消されてしまう。

・アーリーポジションではフォールド

・ミドルポジションでは5と4はリンプ3と2はフォールド

・レイトでは5と4はレイズ、3と2はリンプ。ただし、SB、BBが弱そうなときは、すべてレイズ。


5)AK、AQ (Suited or Unsuited)

・この手は強いので、SuitedでもUnsuitedでも同じようにプレイできる。

・アーリーポジションでは75%レイズ、25%コール。5bbぐらいが適当。

・ミドルポジションでは85%レイズ、15%コール。この手でブラインドを取れた時にはそれでよしとせよ。もし、コールされたときには、どんなスモールペアに対してもUnderdogであることを覚えておけ。

・レイトポジションではミドルに同じ。


6)AJ、AT、Suited

・AJ Suitedはアーリーでは50%レイズ、50%リンプ(3から5bb)。AT Suitedは強い相手のテーブルではフォールド。弱い相手のテーブルではリンプ。

・ミドルではAJは標準レイズ、ATは75%レイズ、25%リンプ。

・レイトではかなりいい手。ほとんどの場合レイズ。


7)AJ、AT、Unsuited

・アーリーではATはフォールド、AJはタフなテーブルではフォールド、弱いテーブルでは、50%レイズ、50%コール。

・ミドルポジション。3番ではATはフォールド、AJは70%レイズ、30%コール。4番ではAJは同じ、ATならレイズ、コール、フォールドを同程度に混ぜる。5番ではどちらもレイズ。

・レイトではどちらもレイズ。


8)A9、A8、Suited

・これ以下のAXはかなり危険な手。Aが当たったときにDominateされている可能性が高くなる。

・これらの手は、Nut Flush、Nut Flush Draw、Two Pairをフロップした時に強みを発揮する。

・ドミネイトされるかされないかの可能性でいうなら、A8が境界線となる。

・アーリーポジション、フォールド。

・ミドル。3番で弱いテーブルなら、コール。ただし、これらの手をプレイする時にはフロップ後のうち回しの技術がいると心得よ。4番なら、半分レイズ、半分コール。5番なら大抵はレイズ。

・レイトではレイズ。


9)A9、A8、Unsuited

・アーリー、フォールド

・3番、4番、フォールド。5番なら、レイズ(70%)して、フロップ前にかたをつけることをねらえ。

・レイトでは90%レイズして、そのままポット取れたら上々。


10)A7以下、Suited or Unsuited

・タフなテーブルでは、ボタンとカットオフ以外はフォールド。ボタンではAがあればレイズする。カットオフではA7、A6ならレイズ。

・弱いテーブルやブラインドのプレイヤーが守るのに熱心でないときは、A7 Suitedは5番で半分レイズ、半分コール。A7 Unsuitedは6番から同じように。

・レイトポジションではスティール狙いのためにプレイする。ブラインドが抵抗したら諦める。


11)KQ、KJ、QJ、Suited or Unsuited

・初心者にはいい手に見えるが、注意が必要。

・アーリーではKJ、QJはフォールド。KQはタフなテーブルでは捨てよ。弱いテーブルではKQ Suitedはレイズとコールを半々。KQ Unsuitedは半分コールで半分フォールド。

・ミドルからは、KQは60%レイズで40%フォールド。3番、4番では、KJを半分レイズ、半分コール。5番では6割レイズ、4割コール。

・QJ Suitedは4番ならレイズとコール半々、5番ならレイズ。

・レイトなら、ブラインド狙いでレイズ。


12)Suited Connectors

・1番か2番なら15%の割合でレイズするが、これは、たまにアーリーからブラフする必要があるためで、Suited Connectorsはそれにふさわしい手。フロップ大当たりしたときには読むのが不可能に近い。そして、Showdownをすれば、相手に強烈な印象を与えられる。

・その他の通常のプレイ。

・JT Suitedをアーリーから消極的なテーブルならリンプ。ミドルではレイズとコールを半々。レイトポジションならレイズ。

・98と87Suitedは、アーリーとミドルはフォールド。6番ならコール、ボタンならレイズ。

・76と65Suitedはボタン以外ならフォールド。ボタンでブラインドが降りそうならレイズ。

・54、43、32Suitedはフォールド。


13)その他の手

・6番でKT、K9、QT Suitedをプレイ。レイズ(3bbぐらい)とフォールドを半々。

・ボタンでKT、K9、QT、Q9のSuited or UnsuitedとJ9Suitedをプレイ。

・これらの手のプレイは、相手次第なのだから、左3人はよく観察せよ。


14)SBでBBとヘッズになったとき。

・どんなペアでもプレイ。

・AかKがあればプレイ。

・Q5以上ならプレイ。

・JTかJ9 Suitedをプレイ。

・コールとレイズを半々。レイズは5bb程度。これはポジションがないため、この時点でけりをつけたいので。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-02 05:28 | Poker Tactics

代表的な手同士の勝率比較

1.オーバーペア対アンダーペア
オーバーペアが82%、アンダーペアが18%


2.ペア対ハイカード2枚
ペアが55%、ハイカードが45%


3.ペア対ローカード2枚
もし、ローカードがコネクターなら約20%


4.ペア対ハイカードとローカード
ペアが70%


5.ハイカード2枚と、ローカード2枚
ハイカード約62%
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-02 03:50 | Poker Tactics

Implied Odds

Implied Oddsという考え方について意識するようになったのは、割合最近のことだ。

それまでは、Small Pairや、Suited Connectorsなどは、多人数リンプのときにぐらいしかプレイしていなかったのだが、Erick Lindgrenが一番価値のある手はセットを当てた時に大きなポットを取れるという意味で、Small Pairを一番価値の高いハンドだというようなこと(正確には覚えてないけど)いっていたのを聞いてから、Implied Oddsというものについて考え始めた。

Harringtonを読んでみると、ようするに、Implied Oddsとは、Pot Oddsを計算する上で、自分が狙った手をヒットした場合に、相手がベットする、或いは自分がベットしたら相手がコールするであろうと予想される額を前倒しして、オッズに計算に入れることだ。つまり、Implied Oddsには常に推測の要素が含まれている。

例えば、Harringtonは、ストドロでのImplied Oddsはフラドロでのそれより高いといっている。なぜなら、ストドロのほうが読みにくいので、あてた時にベットに食いついてくる可能性が高いからだ。

*****

以下は俺の考える、Implied Oddsを推定するのに影響する要素。

・相手がどうプレイするかの予測が必要なので、相手のベッティングパターンを観察することがとても重要。

・例えば、Continuation Betをするタイプのプレイヤーがプリフロでレイズした時は、自分がSmall Pairでコールする時のImplied Oddsは高くなる。

・さらに、レイズされたときにコールやリレイズで反撃するタイプのプレイヤーが参加しているときのImplied Oddsは高い。

・ブリフロでレイズが入っている場合の、Implied Oddsは一般的に高い。

・自分がポジションを持っている場合の、Implied Oddsはな時よりも高い。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-02 01:21 | Poker Tactics

相手のBetting Patternを観察する

Harringtonの続き。

・初心者にとって、ベッティングパターンの観察は情報が多くて大変。だから・・・

・最初はテーブル全員のを観察しようとせずに、自分の左隣2人と自分のすぐ右隣りのプレイヤーに集中せよ。彼らが、自分のプレイに最も直接的に影響する。

・以下の観察ポイントに絞れ。

1.どの程度の頻度でプレイするか?
頻度が高いということは、それだけ悪い手をプレイしていることになる。

2.Show downまで行った手はどのようにプレイされたか?
Show downでは、手がわかるわけで、それがどのようにプレイされたのかが正確にわかる。

3.そのプレイヤーはコーラーか、レイザーか?
そのプレイヤーはポットにコールで入りたがるか、レイズで入りたがるか?一般的にいって、コーラーは弱く、レイザーは危険。

4.そのプレイヤーはレイズされたときにどう反応するか?
リレイズするのか、それとも、降りるのか?
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-01 14:56 | Poker Tactics

Online STTの戦略

Dan Harrington師匠、ありがとう!これからまとめるOnline STTの戦略どおりにやったら、今日初めて優勝できた。

*****

・はやいラウンドでは、ブラインドがチップスタックに対して小さいので、保守的にプレイすべき。

・その間に、他のプレイヤーのプレイの傾向を観察せよ。

・最初の3ラウンドほどでは、みんな激しくポットを取りに行く。参加する場合は、まともな手を持っているようにせよ。

第4ラウンドか第5ラウンドに達するころには以下のような状態になっているはず。

1.2人か3人、あるいは4人のプレイヤーはすでに飛んでいる。

2.ブラインドは最初のチップスタックの10%から20%ぐらいに達している。

3.残りのプレイヤーでそれなりのチップスタックを持っているものは、入賞前に飛ぶことを恐れている。

・ここからがスティールの場面となる。

・もしも、自分のところまでレイズなしにまわってきたら、取りに行け。そこそこの手なら、ミニマムレイズしろ。

・レイズを食った時には、いい手でない限り降りろ、それはブラフではない。

・結果的には得られる額が、失う額を上回るはずだ。

・3人か4人が残るころには、ブラインドが大きくなりすぎているために、ゲームはもはや、クラップスとなっている。

・もし、その前の段階で、十分なスティールに成功していたとしたら、かなりのラージスタックとなって優位にたっているはずだ。もし、それがうまくいっていないときには、リードベットして幸運を祈れ。

*****

このアドバイスを頭においておいた(というか、前からわかってたけど、改めて意識していた)おかげで出来たのが、5人残りの段階での鬼ブラフ。セカンドポジションからチップリがリンプ、SBまでフォールド、俺26オフでチェック。フロップ77Xとでた。ブラインドがきつかったので、どうしても、このポット欲しかったが、フロップかすりもせず。だが、相手も、ここで俺にダブルアップさせることは、ショートスタックか4位転落を意味する。だから、それが怖いだろうと思って相手のプレイ次第では、オールインを考えつつチェック。相手がスモールベットしてきたので、7をRepresentしてオールイン。相手長考してフォールド。やはり、相手はここでショートスタックになるのが怖かったのだ。おそらく相手も何も持っていなかっただろうし。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-04-01 05:42 | Poker Tactics

I'm all in...NOT!
by sabrefishingcat

スナドリネコの水辺

こんにちは。スナドリネコです。

ここは、私がポーカーという「水辺」で「魚」を捕まえる腕を磨くための記録の場です。

お気に入りブログ

最新のトラックバック

全員ショートスタック!超..
from 冷凍ブラフ ポーカーで延々勝..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧