<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧




プレイすべき最良のハンドあれこれ

オマハの話の続き。


プレイすべき最良のハンドあれこれ

・いい手がきたらプレイすべきだ。人々はAAKKのダブルスートとAAJTのダブルスートのどちらがいいハンドかを議論したがるが、それは大きな問題ではない。どちらもプレイすることになるのだから。

・3枚のコネクターと、スートの揃ったA、例えばAs-8c-8d-6sや、Ah-Jd-Th-9cといったハンドはいいハンドだ。ワンギャップぐらいあってもそれでもまだいい手だと思う。これらの手がいい手なのは、トラブルを招かないから。フロップでフラッシュとストレートの同時ドローのようなものが手に入る可能性があるが、フロップが悪ければ何もないので簡単に諦められる。

・ダブルペアー、J-J-T-Tのような手、もいいハンドだ。この手からは4回に1回セットが引ける。フロップが当たれば、利益を上げられるし、フロップがはずれれば降りる。

・4枚すべてのカードが連動する可能性をもったハンドが望ましい。Q-Q-J-Tのようなハンドは明らかにQ-Q-8-6よりもいいハンドだ。

・Suitedのハンドはどちらかというとプリフロでいい手に見えるが、フロップのあとではそうでないことが多い。もし、フロップでナッツのフラッシュドローにならないときには、プレイすべきではない。

・だが、Suitedのハンドにはバックドアドローの可能性がある。例えば、フロップでセットを当てて、なおかつバックドアフラッシュの可能性があるといったケースだ。また、防御という観点からもSuitedのハンドには意味がある。例えば、あなたがフロップでセットを当てて、手札にはハート2枚、ボードにはハートが2枚としよう。その場合、もし相手がAハイフラッシュドローを持っていたとしても(アウトが少ないので)より引くことが難しくなっているのだ。
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-11-18 20:14 | Poker Tactics

オマハとホールデムの比較

今、俺の周りではオマハがちょっとしたブームだ。そんなわけで、ここでオマハのテキストブックを紹介しようとしたのだけれど、手元にあるのが、Doyle BrunsonのSuper SystemのPLオマハのセクションだけ。そこで、その中から、あれこれ紹介していきたい。あくまで、俺の根気が続いて、かつ、まわりのプチオマハブームも続くとしての話だが。

で、第1回は、「オマハとホールデムの比較」

1.ナッツ
・オマハではホールデムをプレイヤーの感覚からすると、はるかに多くナッツが現れる。
・特に、ハンドの最後に誰かがレイズするときは、しばしば、そのプレイヤーはナッツを持っている。

2.ブラフ
・PLオマハにではブラフの頻度は少ない。
・ブラフがないわけではないが、手役の可能性がホールデムよりはるかに多様なため、ブラフは難しい。
・誰かが最高の役を持っている可能性はかなり高いので、ブラフをするときは注意が必要だ。

3.スターティングハンド・手役の組み合わせが多様なオマハでは、より多くのハンドをプレイできる。
・もし、ゲームをよく理解していて、フロップの読みが正しく出来て、どのハンドをプレイすべきか、ブラフすべきか、フォールドすべきかを慎重に選べるなら、よりルースにプレイできる。

4.ドローイングハンド
・オマハではドローのハンドをより多くプレイすることができるが、そのほとんどの場合は、ナッツの手へのドローであるべきだ。
・一般的なルールとして、ストレートやフラッシュを引きに行くときは、ボードから可能な最高のストレートなりフラッシュなりを引きにいくべきだ。

5.移り変わり易さ
・PLオマハはホールデムよりも、変化の起こりやすいゲームだ。
・大きなポットをしばしばプレイすることになるが、一人のプレイヤーが圧倒的に手でリードしているという状況はあまり起こらない。
・こうした状況は、例えば、トップセットと、厚めのドローがぶつかった時におきうる。この時点でも、どちらが有利ということはなくて、基本的にはコイントスのようjなものなのだ。

6.バックドア(ランナーランナー)ドロー・バックドアドローが完成する可能性は、ホールデムよりも高い。
・例えば、トップセットをプレイしているうちに、同時に持っていたバックドアフラッシュドローが完成するということがよくあるのだ。
・オマハでは、そうしたドローが救命ロープになってくれることがある。

7.インプライドオッズ・オマハでは、インプライドオッズは期待できないことが多い。
・ナッツを引きに行ってヒットさせても誰もコールしてくれない可能性が高いのだ。(註:多分、これは、プレイヤーの多くがオマハではナッツができやすいことを理解しているため、ナッツをおそれて降りてしまうということだと思う。)
[PR]



by sabrefishingcat | 2007-11-18 04:00 | Poker Tactics

I'm all in...NOT!
by sabrefishingcat

スナドリネコの水辺

こんにちは。スナドリネコです。

ここは、私がポーカーという「水辺」で「魚」を捕まえる腕を磨くための記録の場です。

お気に入りブログ

最新のトラックバック

全員ショートスタック!超..
from 冷凍ブラフ ポーカーで延々勝..

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧