ハンドとプレイ(キャッシュゲーム編)

先日、俺がお世話になっているチャットルームのみなさんと、チャットあるいはオフ回9でお話しさせていただいたのだが、そこでどうやら、スタートハンドについて、いま一歩突っ込んだ情報への需要があるらしいことがわかった。HarrigntonがHOH(Harrionton on Hold’em)で解説したスタートハンドガイドは、ここで紹介して(ccさんがご自分の掲示板で紹介してくださったおかげで)今でも利用されているようだが、こんどのHarringtonのキャッシュゲームの本でも、特定のハンドをどうプレイするかについては1つのセクションを割いて述べられている。トーナメントのとどの程度違うのか、丁寧に比較はしている暇がないのでやらないけど、トーナメント版にくらべて、このハンドはこのポジションから、この状況でこうプレイせよ、というような、丁寧なガイドにはなっていなくて、ハンドの特徴とプレイする際に頭においておくべきことを述べるにとどまっている。


ビッグペア

・ビッグペアとはAA、KK、QQのこと。それいがいはミドル、あるいはスモールペアになる。
・ビッグペアは強いスターティングハンドではあるが、同時に危険な側面もある。
・ビッグペアは数多くの小さなポットをとるが、ビッグポットをプレイすることになり、ペア以上に手が進まなかった場合、多くは、セカンドベストハンドで終わる。
・何故か?簡単である。ビッグペアはプリフロとフロップでは大抵はベストハンドなので、そこでハンドが終わった場合には、ポットをとれるがそのポットも小さいままでおわる。
・もしプレイヤーがターン以降までプレイし続けると決めた場合、多くは、トップペアよりも強いハンドを持っているか、トップペアを簡単に負かせるようなハンドへのドローがあるからだ
・だからもしハンドがリバーまでいった場合、相手がペア(諸君が負かせる唯一のハンド)を見せるというケースは少ないだろう。(もし、見せてきたなら喜びたまえ、諸君は弱い連中のテーブルにいるのだ。)
・したがってビッグペアのプリフロ戦略は簡単なものだ。
・おそらく諸君はベストハンドを持っているのだから、ポジションにかかわらずプッシュせよ。レイズが前に入っていたら、リレイズせよ。
・どれぐらいリレイズすべきか?もし、3bbレイズが入っていたら、9bbまでリレイズがよかろう。
・もし、リレイズが前に入っていたらどうするか?AAかKKなら、そのままプッシュして3度目のレイズを入れる。QQの時は、相手を見る。もし相手が弱い時や、低レートでのプレイなら、相手はAK、AQ、JJ、TT、あるいはブラフということが多いので、もう一度プッシュする。もし相手が、リレイズにはどれほどのハンドが必要かということがわかっているようなら、QQはコールするハンドとなる。
・キングはプリフロでフォールドするべき場合があるか?私がHOHで述べたように(がんばって読んでください・・・)実際問題として答えはノーだ。確かに相手から3番目のレイズが入り、諸君がKKを見せて降り、相手がAAを見せてきたら、諸君は天才に見えるかもしれない。だが、諸君がKKをそうして降りるなら、QQやAKあるいは完全ブラフにも降りてしまうことになるだろう。そのことは長期的にはマイナスとなるはずだ。
・戦略のバランスをとるために、時にはビッグペアでリンプする必要もある。この問題への対処の仕方には個人差があるようだ。私はAAでたまにリンプする。KKではまれにだがリンプする。アーリーポジションからリンプするのはAAだけだ。KKやQQではたとえ相手に(そういう危ないプレイをしてくる相手という)テーブルイメージの植え付けになるといってもポジションなしではリンプするのはあまりにも危険だ。
・AAやKKでアーリーからリンプするときは、期待しているのは、何人ものリンパーが後ろに現れたのち、レイトから誰かが大きくレイズしてくることだ。その場合、さらにリレイズすることができる。


ミドルペア

・ミドルペアとはJJから66までのこと。
・ビッグペアに比べてこれらは明らかに弱いし、JJから66までその強さは、急激に落ちる。もし、前に誰も参加していないなら、これらは全部プレイすべきだが、プレイの方法はあれこれ散らす必要がある。

アーリーポジションから
・JJから99までは70%はレイズ、30%はコール
・88から66までは30%はレイズ、70%はコール

ミドルポジションから
・前に何人か降りていて、後ろでいい手を持っている可能性のあるプレイヤーの数が減るので、より安全にプレイできる。したがって、おもにレイズすることになる。
・オーバーカード、つまりQ-JとかK-Tを持った相手を降ろしたいので、レイズ―コールの比率を80-20にせよ。
・また、諸君がレイズ額を散らしている(オープンレイズ額は散らす人と散らさないひとがいるので)なら、これらのハンドでは大きな額を選びたまえ。(4bbから5bb)
・ここでの狙いは、プリフロでポットを取ってしまうか、ブラインド相手にヘッズアップでポジションを取ってフロップをプレイすることである。

レイトポジションから
・80-20でアグレッシブにプレイ。
・JJとTTなら、リンプで罠にかけるプレイもあり。相手がレイトからのリンプを弱いプレイとみなしてレイズしてくる傾向にあるなら、それを誘って、(おそらくベストハンドを持っているので)リレイズすることもできる。

・もし、前にレイズが入っていて、諸君がフロップ後にポジションを持っているなら、ミドルペアはコールするハンドとなる。(例外:レイザーがショートスタックならJJ、TT、99でリレイズも考慮。)もし相手がペアなしでレイズしていれば諸君が有利なのだし、もしセットを引けばImplied Oddsは非常に高い。
・前にリレイズまで入っていたら、フォールド。
・もし、レイズがあって、複数がコールしていたら、状況は変わってくる。オッズもよくなるうえに、セットを引いた時のImplied Oddsはとてつもなく高い。セットを引けなければ、すぐにあきらめられるし、セットを引けば大きなポットがとれる。
・もし、レイズがミドルかレイトから入っているなら、自分がJJから88までなら、ベストハンドの可能性が高いので、4倍レイズぐらいを入れることも考慮せよ。


******

基本的にはいままでのところ、HOHのガイドと変わってないとは思うが、ビッグペアでリバーまで持ち込まれた場合はあぶないというところ、ミドルペアからセット狙いの重要性を強調しているところ、JJあたりでレイトレイズにはリレイズかけるのもありというあたりなどは、HOHではいってなかったような気がする。

続きはまた今度。
[PR]



# by sabrefishingcat | 2008-09-27 01:46 | Poker Tactics

Harrington先生、そりゃないぜ

いまや、Hold'emのトーナメントのスタンダードな教科書となっているのが、Harrington on Hold'emであるが、その著者のHarringtonがキャッシュゲームに関する本を最近出版して、あの、Harringtonがキャッシュゲームを語るというので、かなり期待されていたのだが、いざ出版されてみると、評判がそれほどよくない(Amazonの書評などによる)。でもって、俺も一部手に入れたので読んでみると、けっして悪い本ではない、というかかなりいい本だと思う。なにしろ、よく書けていると思う。ポーカー本でよくあるのが、なんか著者は面白いコンセプトを持っているとは思うのだが、書き方が悪いがゆえに、肝心のところがあいまいになっていたり、どこがアイデアの肝なのかが伝わってなかったりすることがよくあるのだが、Harringtonの本に関しては、そういうのはない。おそらくこれは、共著者で、書く部分を主に担当したと思われる、Bill Robertieの役割が大きいのだろう。そんなわけで、気が向いたら、また、この本の中身を紹介したいとは思う。

でも、それでも一言俺にも言いたいことはある。それは、彼が、前著で「ポーカーの至高の罪(Cardinal Sin)]とまで言い放った、ドローハンドにフリーカードをくれてやるプレイを、この本ではあっさり、ある意味肯定していることなのだ。

たとえばAKでAがヒットして、フロップはフラ目がある。で、フロップはベットして相手コール。ターンはブランク。こんな時、「絶対にフリーカードをやらない」という思想に従うなら、ドローハンドを警戒してベットしなくてはならないはずだ。だが、今回の本では、TPTK程度のハンドで、そういう状況でポットを大きく膨らませるようなプレイは危険だといっているのである。つまり、相手がセットとか2ペアをもっていた場合、相手の罠にかかることになる。

フロップでドロー目があるときに、それが危険であるためには、

・相手が実際にそのドローを持っていなくてはならない
・ターンとリバーでそのドローを引かなくてはならない。

この2つが必要となる。この確率の低さを考えると、フリーカード(かもしれない)カードをやってしまうのは、それほど危険ではないというのが、今回の本でHarringtonがいっていることだ。


Harrington先生、そりゃあないぜ。


確かに、この本はキャッシュゲームについてであり、トーナメントとは違うだろう。でも、ポーカーはポーカーだし、トーナメントだって序盤はキャッシュゲームとほぼ変わらないのだから、その本の中で、絶対やるなといったことを、次の本でやってもいいのではといわれては、こっちも裏切られた気分になる。ちなみに、Daniel Negreanuは、トーナメントの序盤でフリーカードをやることは、それほど怖くないのだと、全くおなじことをいっているのだ。

ま、この本、いい本だし、全部きちんと読むけどね。(今Vol.1の半ば)
[PR]



# by sabrefishingcat | 2008-09-22 22:56 | Poker Tactics

序盤でのAK

いつもお世話になっている上野のディーラーの方に最近出版されたポーカーの本をお借りした。(Hさん、ありがとう!)オンラインのプロによって書かれた本で、理論のパートはなくて、自分達がプレイしたハンドを丁寧に振り返るというケーススタディの本。その中から一つ紹介。

前にこのブログでAKのプレイに関する記事を紹介し始めたら、内容がいささか期待外れでがっかりしたことがるので、AKのプレイについてひとつ。

*****

状況:
55K保証、$150バイイントーナメントの3手目。ブラインドは10-20、相手はみな知らないプレイヤーばかり。

プリフロップ(ポット30)
ハンドはAKo

AKは強い手だが、同時にスタックがディープの時にはプレイするのが難しいハンドでもある。フロップははずれる可能性が高いわけだし、当たったとしてもワンペアにすぎない、100bbものスタックを持っている状態でそれを全部差し出すわけにはいかない。アーリーポジションからレイザーが入ってきた時は、しばしば私(著者)はAKはコールにとどめるし、もし大きなアクションが前で起きたら、降りてしまうこともある。このハンドでは、ミドルポジションからひとりが60までレイズ。AKはミドルからのレイズのプレイヤーの手の範囲に対しては大きくリードしているので、私(ボタン)は250までリレイズ、ブラインドはフォールドしてミドルポジションレイザーは190をコール、ヘッズアップに。

フロップ(530):

フロップはTh9h3s

これは私には酷いフロップだ。ボードが絡み合っていて、いろんなドローの目があるうえに、相手が何かの手を完成させている可能性も十分にある。それに加えて、ミドルプレイヤーは320をリードベットしてきた。プレイヤーがプリフロでレイズにコールし、そこから突然フロップでリードベットしてきた時は、多くの場合、弱めの手を完成させているか、ドローかである。もし私が相手のプレイの傾向をある程度読めていて、ATや88、あるいはフラッシュドローを降りられると踏んでいれば、上にかぶせるのだが、ここではそんなことはわからない。そしてトーナメントは始まったばかりだ。レイズすることは私のスタックの3分の1をリスクに晒すことになる。テーブルの状況がわかるまでは、損失を抑えて、もっといい場面を待つのが賢明だろう。私はフォールド。

*****

この本で俺が勉強になっているのは、著者が相手の手を常に範囲で読んでいること。たとえば、馬鹿系ルースアグレがレイズしてきたとき、俺などはつい「弱い手」と決めつけてしまいがちなのだが、正解は「広い範囲の手」と読むことだろう。相手はたまたまAAを持っているかもしれないのだから。

あと、この本の著者はオンラインのプロなので、ほとんどの手が全く知らない相手とプレイされていること。つまり、どんな相手かという個別の読みがない状況で、プレイの展開とかをアクションが決定されているところだ。相手の読みがない時には、つい、読みが願望とごっちゃになったりして、この場面なら、相手がリードベットしてきたときに、分からないからかぶせて確認とか思ってしまうのだが、分からない時は分からないのだと正直に思った上で、一番いいアクションはどれかを決定する癖をつけなくては。
[PR]



# by sabrefishingcat | 2008-07-29 19:26 | Poker Hands

Pot Control

最近、俺がプレイする上で意識するようにしているのが、ポットコントロールというコンセプトだ。ポットを大きくするか、小さくするかを状況を考えてから行えということなのだが、これがなかなか難しい。基本的には「自分がベストハンドだと思えばベットかレイズし、そうでないと思えばフォールド、わからなければコールかチェック」という原則があるので、良いハンドがある時は、あまりに素直にベットなりレイズなりして、ワンペア程度の強さの手でポットが膨れ上がってしまい、捲られたかも知れなくても降りられずに、大きくチップを失ったりということが結構あると思う。で、Full Tiltの記事でPaul Wasickaがポットコントロールについて書いているので、紹介してみる。箇条書きになっている部分が、記事の要点。そうでないのが、俺のコメント。

・ディープスタックトーナメントで最も大事なことのひとつがポットコントロールである。
・狙いとするところでは大きな手を持っている時には大きなポットをプレイし、小さめの手を持っている時には小さなポットをプレイするということである。
・ポットに参加する時には、相手のスタイルと、フロップのテクスチャー(構成のでき具合とでも訳せるか)に注意しなくてはならない。

ここではトーナメントの序盤のようなものを想定しているようだが、リングでも通用するはずだ。

・ポットをチップに入れる前に、どんな相手とプレイすることになるかについてつかんでおきたい。
・テーブルがルースで、相手の持っている可能性のある手の範囲が非常に広い場合には、よほど強い手を持っていない限り、ポットを大きくしたくはない。

・例えばQQでレイズして、参加率の高いプレイヤーがコールしたとする。
・フロップはJ-9-7であなたにはポジションがない。
・ここでベットするかどうかには慎重にならなくてはならない。何故なら、相手が(レイズして)あなたをテストしてくるかもしれないからだ。
・私なら、CBを打つよりも、むしろチェックコールかチェックレイズを勧める。CBを打った場合、相手にレイズするチャンスか、あるいはコールして、ターンかリバーで怖いカードが出た時に、コールできないような大きなベットをしかけるチャンスを与えてしまうからだ。

こういう考え方、俺が読んだ本では正面切って書いてなかったなー。すごく参考になる。アグレッシブスタイルが当たり前になり、CBを打つのも当たり前なら、それをレイズでテストするのも普通に行われる状況で、こういうのは確かにありだと思う。

・ポジションがある場合にはプレイはもっと楽になる。
・相手がベットしてきたらレイズして、もしリレイズされたら、そこで降りれば、比較的損害は少なくて済む。

・相手がタイトな時は、CBを打つべき。
・相手は大きな手がない限り、打ち返してこないだろうし、打ち返してきたら、それは2ペア、セット、厚めのドローなどを持っているということだ。

・もう一つ考慮すべきが、フロップのテクスチャーだ。
・スートはそろっているか?ペアは出来ているか?ドローの可能性はあるか?
・たとえ強い手を持っていても、ボードを見て、それよりも強い手の可能性はあるか、そしてそれを相手が持っている可能性があるかについて考えなくてはならない。

・例えばAAを持っていて、フロップ7-8-9でフラ目ありとする。
・たぶん勝っているのかもしれないが、うまい相手ならここであなたのベットにチェックレイズするなどして、難しい決断を迫る状況を作り出せる。
・こういう場合には消極的にプレイして、ポットを小さく保つのもいいプレイなのだ。
・もし、ストレートやフラッシュができるようなボードになったら、損害を小さくしてのがれ、あとでもっと適当なチャンスを待てる。
・だが、もしフロップがJ-3-2のレインボーのような散らばったものなら、ためらわずベットしてポットを膨らませるべきだ。

どうだろうか。こういう考え方を、我々初心者はあまりしないのではないか?AAでフロップにフラ目が出たら、ドローを殺すためにどんどんベットしろというのが、「常識」ではなかったか?

余談だが、Wasickaは2006年のWSOPメインの準優勝者だが、個人的には優勝したJamie Goldよりもうまいのではと思うのだが・・・。
[PR]



# by sabrefishingcat | 2008-04-21 11:19 | Poker Tactics

Squeeze Play

Squeeze Playについては、そういうプレイがあることはHarringtonの本で読んで知っていたが、あまり自分でやろうとは思ってなかった。なにしろ、その本で使われていたのが、Harrington自身がWSOPメインのファイナルテーブルで、85オフとかでプリフロオールインブラフを決めたプレイだったのだ。だから、Squeeze PlayというのはHarringtonみたいに信用度の高いプレイヤーが、一世一代の場面で繰り出す必殺のプレイなのだと思い込んでいた。

ところがどうやらそうでもないらしい。そういう場面だけでなく、もっと普通の場面でも出せるプレイのようだ。実は最近よく出くわす常連で、俺の左側につけたときに、それっぽいプレイをよく出されて降ろされていて、ちょっと研究しなくてはなと思っていたら、CardPlayerに記事が出た。

Squeez Playというのはどういうプレイかというと、
・(ルースアグレッシブ系の)プレイヤーがレイズ
・その後ろでコール
・自分が手に関わらずリレイズブラフ、あるいはセミブラフ
・オリジナルレイザーは、スティール気味に入ったのに、コールされ、さらにリレイズまできたのでフォールド。
・コーラーは、ルース目のオリジナルレイザーとのヘッズを期待してコールしたのに後ろからレイズされ、しかも、ターゲットは降りてしまった。残されたのは、後ろのリレイズとポジションのない状態。というわけでフォールド。
というもの。

記事では、どうもポジションが後ろというのは必要条件とはみなしてないようで、自分がBBからリレイズするという例を出している。まあ、プリフロで決着つかないと終わりという意味でなら、それでもいいのかな?また、記事ではプリフロだけでなく、後の方うのラウンドでもいけるとある。どうも、Squeeze Playというのは、俺の考えているよりも広く使われているようだし、使えるようだ。

Squeeze Playはリスクがあるが、それを補う利点もある。
・ベット(プリフロならレイズ)にコールと入っているところへのリレイズなので、ポットに対する投入額の比は小さい。すなわち、失敗してもポット比で見た損害は小さく。何度かに一度成功させればいいことになる。
・オリジナルレイザーさえ降ろせれば、コーラーは比較的おりがち。なにしろ、オリジナルレイザーにコールしかできなかったわけで、リレイズにコールするとは考えにくい。

Squeezeが成功する2つのおもな条件として挙げられているのは。
・オリジナルレイザーがルースアグレッシブで、レイズの手の範囲が広いこと。ロックのレイズにSqueezeしてはならない。手を持っているはずだから。
・コーラーが馬鹿でないこと。リレイズの意味を理解できない相手はコールしてしまうから。

チャンスをみてやってみよう。
[PR]



# by sabrefishingcat | 2008-04-16 04:32 | Poker Tactics

I'm all in...NOT!
by sabrefishingcat

スナドリネコの水辺

こんにちは。スナドリネコです。

ここは、私がポーカーという「水辺」で「魚」を捕まえる腕を磨くための記録の場です。

お気に入りブログ

最新のトラックバック

全員ショートスタック!超..
from 冷凍ブラフ ポーカーで延々勝..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧