実際のプレイに適応する。

Harrigntonの続き。

・いままで述べてきた戦略は、フル・テーブル(9?)で、プレイヤー全員がそれなりに保守的で、全員がそれなりのチップスタックを持っていることを想定している。しかし、実際のプレイでは、タイトなプレイヤーも、ルースなプレイヤーも、クレイジーなプレイヤーもいる。また、ラージスタックも、スモールスタックもいる。こうした状況に合わせて戦略も変化させなくてはならない。

・テーブルの人数が減るに従って、ハンド選択の基準もルースにしなくてはならない。

・ルースにプレイヤーが増えれば、テーブルもルースになるし、タイトが増えるとタイトになる。それらに対しては、テーブルの傾向と逆にプレイせよ。タイトにテーブルではルースにプレイすればスティールができる。ルースなテーブルでは、コールやレイズされやすいので、それに耐えられるように、手の基準を上げなくてはならない。

・だが、「ルースなテーブル」に関しては、もっと複雑なケースがある。例えば、自分の左にGus HansenとDaniel Negreanuがいて、Phil Iveyが右にいたら、タイトにプレイするしかない。微妙な手でプレイしたら、相手に打ち回しで負けてしまう。だが、同じルースなテーブルでも自分たちをGus、Daniel、Philだと思い込んでいる、Larry、Curley、Moe(「三馬鹿大将」のキャラ)たちがいることもあるのだ。その時は、タイトにプレイしてはならない。なぜなら、トーナメントの最初の数時間で、彼らのチップは強いプレイヤーたちの手に渡るだろうからだ。そのチップを彼らが持っているうちにとるか、あとで強いプレイヤーからとるか、選択はおのずと明らかだろう。

*****

最後のポイントは確かにそうだけど、俺のレベルでは見極めが難しいよな~。相手を三馬鹿大将だと思っていたら、実は自分がそうだったなんてこと、しょっちゅうだし。ルースアグレッシブは、技術がいる。だから、相手が自分より上か下かの見極めがものすごく大事だし、難しい。
[PR]



# by sabrefishingcat | 2007-04-04 18:43 | Poker Tactics

プリフロプレイ(その5)

ケース5、自分がボタンで前に3人リンパーがいる


・オンラインでしょっちゅう起きる状況。


1)AAからTTまで

・大きく上げよ。4bbから5bb。

・これはしばしばスティールとの印象を与え、SB、BBからのリレイズを受けることもある。


2)99から22

・コール。

・セットを当てて大きなポットをとることを狙う。

・もしあたらなければ、ダメージ最小で降りられる。


3)AK、AQ

・AK(Suited or Unsuited)ならレイズ。

・AQ Suitedならレイズ、AQ Unsuitedならコール。


4)Ax

・AJかAT(Suited or Unsuited)なら、コール。

・それ以下はSuitedならコールだが、Unsuitedならフォールド。リンパーの誰か一人が、よりよいキッカーをもっている可能性が高すぎる。


5)Suited Connectors

・Suited Connectorsはこういう状況でプレイするのに適している。

・54 Suitedまでコール。

・リンパーがショートスタックでないことを確認せよ。ショートスタックでは、フロップが当たっても十分なImplied Oddsが得られない。


6)Unsuited Connectors

・54 Unsuitedまでコール。

・安くでフロップストや、ストドロを狙える。


7)その他

・KJ Suited or Unsuitedならコール。だがKTはプレイしない。
[PR]



# by sabrefishingcat | 2007-04-04 17:12 | Poker Tactics

プリフロプレイ(その4)

ケース4、3番が3bbレイズ、5番が9bbまでリレイズ、自分はボタン

・最初のレイザーが強い手を主張、そのあとが、さらに強い手を主張、それに参加するのに必要なのは、モンスターハンド。

・最初のプレイヤーはブラフかもしれないが、次のプレイヤーはブラフではない。

・SB、BBもまだプレイしていない。何が飛び出すかわからない。


1)AA、KK

・AAならリレイズ。これは、AAを持った時の理想的な展開。

・KKでもリレイズできる。時に、どちらかがAAを持っていることもあるが、QQとAKなどということもよくある。だから、長期的に見たら、リレイズしたほうが、利益がプラスになるだろう。


2)QQ

・QQなら、コールしてみる価値はある。もしもフロップで助けがなかったり、オールインが発生したら、難しい決断を迫られることになる。しかし、時には奇妙な状況が発生したりもする。

・過去にQQが3人のオールインとプレイして、あとの3人全員がAKで勝ったなどというハンドさえありうる。


3)その他の手

・フォールド。
[PR]



# by sabrefishingcat | 2007-04-04 06:10 | Poker Tactics

プリフロプレイ(その3)

Harringtonの続き。

ケース3、3番ポジションにコーラー、自分は5番


・コーラーはレイザーほどには脅威ではないので、ハンドの要求レベルはそれほど高くない。

・いくつかの例外を除いては、ポットをオープンするときと同じように打てる。


1)AA,KK,QQ

・3からr5bbほどをレイズ。

・オープンするときとは違ってリンプしてはならない。2人のリンパーは更なるリンプを呼んで、小さなポットに多数の参加者という、最悪の状況を生む。

・例外は、自分の後ろでレイズがあることをほぼ確信しているとき。その時はリンプせよ。


2)JJ、TT

・プレミアムハンドのようにレイズして絞れ。5人参加のポットでJJの勝率は30%にまでさがることを心にとめておけ。


3)99

・レイズとコールを半々


4)88から22まで

・Umbrella効果の恩恵を受ける。(コーラーが参加することでPot Oddsがよくなる。)

・88、77、66はコールせよ。

・もし、5番ではなくてボタンならどのペアでもコール。

・狙いはセットを当てること。


5)AK、AQ

・AKならSuitedでもUnsuitedでもレイズ。

・AQはSuitedならレイズ、Unsuitedならコール。


6)AJ、AT

・AJならSuitedでもUnsuitedでもコール。

・ATならSuitedでコール、Unsuitedならフォールド。


7)A9からA2

・フォールド。

・やや保守的にも見えるが、最初のコーラーはしばしばAXでより上のキッカーを持っていて、結果として大きな額を失う。


8)KQ、KJ

・KQ Suitedはコール、Unsuitedはフォールド。

・もし、コーラーがルースで弱いと思った時は、KJ Suitedもプレイする。


9)Suited Connectors

・フォールド。十分な参加者がいない。

・Suited Connectorsは、後のほうのポジションで、前に何人かのリンパーがいるときにプレイするのが理想。たいていはフロップでフォールドするがフロップが当たると大きなポットがとれる。
[PR]



# by sabrefishingcat | 2007-04-04 02:53 | Poker Tactics

プリフロプレイ(その2)

ケース2.3番のプレイヤーが3bbレイズして自分が5番の時


・ギャップコンセプトとサンドイッチ効果(説明は省略)ゆえに、レイズの入ったポットに参加するには、ポットをオープンするよりも高いハンドが求められる。

・もし、レイザーがスーパーアグレッシブで、どんな手でも上げてくるとわかっていたら、ポットをオープンするときと同じ基準で判断できる。だが、タイトなプレイヤーに対してはよりいい手が必要。


1)ペア

・AA、KKなら、時折コール(15%)だが、ほとんどはリレイズ(85%)。リレイズ額は相手のレイズの2倍から3倍。

・QQなら、70%リレイズで、30%コール。

・JJ、TTなら、20%リレイズで、80%コール。

・99、88、77、コール

・66以下、フォールド。


2)AX

・AK(Suited or Unsuited)、コール。

・AQ Suited、コール、Unsuited、フォールド。

・それ以下、フォールド。

・もしレイザーがプリフロアグレで、フロップ後は弱いのなら、AKからATまでリレイズしてIsolateせよ。


3)KQ、KJ、QJ

・これらは罠にはまりやすい手。フォールド。


4)Suited Connectors

・フォールド
[PR]



# by sabrefishingcat | 2007-04-03 04:23 | Poker Tactics

I'm all in...NOT!
by sabrefishingcat

スナドリネコの水辺

こんにちは。スナドリネコです。

ここは、私がポーカーという「水辺」で「魚」を捕まえる腕を磨くための記録の場です。

お気に入りブログ

最新のトラックバック

全員ショートスタック!超..
from 冷凍ブラフ ポーカーで延々勝..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧